狐の社・二社目

カードゲーム好き限界労働者がその時々に好き勝手ゲームについて語るブログ。

ドラゴンクエストライバルズで5日間かけてレジェンドに到達した話。

タイトルの通りの話です。

 

f:id:Inari9th:20171109204235p:plain

 

ドラゴンクエストライバルズがリリースされたので、レジェンド到達者が貰える竜王スリーブ(と第一期ランクマッチでレジェンド到達というイキり要素)をモチベーションに必死こいてプレイしていました。

通勤時間が長いので普段はその時間を睡眠に充てているのですが、今回ばかりは義務ライバルズだ!というわけで張り切ってやっていましたね。

 

レジェンド到達時の累計勝利数は72。プラチナまではゼシカを使用していましたが、プラチナになってからククールを使い始め、彼の勝利数がちょうど50のところでレジェンドになりました。100戦ちょいくらいはしたと思います。記録はしていないので分からないですが、ランク落ちは殆どしていないので勝率は高い筈。多分おそらく。

ゲーム中に挟まる演出がそれなりに時間くってるんで体感的には結構やっているのですが、一日20戦と書くとそんなにやってない感じがしますね。

むしろ演出で時間がかかる事を考えてスクエニはわざとレジェ到達の難易度を下げたのかも?

 

肝腎のデッキレシピはこちらになります。

 

f:id:Inari9th:20171109204249p:plain

 

2 ふゆうじゅ

2 パワースナイプ

2 スカラ

2 ボーンバット

1 どんぐりベビー

2 ピンクモーモン

2 キャタピラー

1 グレムリン

2 ガチャコッコ

2 メガザルロック

2 イーブルフライ

2 エビルチクリン

2 リトルライバーン

1 アンルシア

2 エビルトレント

1 ベリアル

1 りゅうおう

1 ゾーマ

 

 

リリース直後にrizer氏がレジェンド到達し、ツイートしていたミッドレンジククールを自分なりに調整したものになります。ホイミスライムがあまり好みでなかったのでパワースナイプを採用し、ピンクモーモンを2枚に増量。テリーが減ったことでカミュが抜け、重い所に(テキトーに勝てるため)竜王を追加しました。

 

結果的にはあまり変更はないですが、途中でザキやザラキグランドクロスを試したり色々やってはいましたね。

 

デッキの基本的な動きは、高タフネスのクリーチャーで盤面を取り(あるいは膠着させ)、然るべきタイミングでイーブルフライとエビルトレントという2種類の《包囲の搭、ドラン/Doran, the Siege Tower》を使って攻めに転じるというものです。

とにかくランクマに大量にいるアグロゼシカを食えるのが素晴らしいです。パワースナイプが入ったことで、まともに動くことができれば概ね勝てるくらいにはなりました。

ランプピサロも相手側の動きがヌルければ(具体的にはダークマターを引かれなければ)普通に殴り殺せますし、ククールもまぁいけます。コントロール型のミネアにだけは食われますが、これは仕方ない事ですよね。盤面で戦うデッキが超必中悪魔のタロットで全体4点と4/4が2体とか太陽のタロット2枚で全体4点と14ゲインとかされて勝てるわけないでしょ!

 

回す上で重要な要素はテンションスキルを使うタイミングでしょうか。リトルライバーンと一緒に撃って盤面を取る、エビルトレントを出し一通り有利トレードをした後撃って詰みに追い込むのが一番強い使い方なのでできるだけそれを狙っていきます。

スペルが極めて少ない分、モンスター同士の戦闘で負けて盤面が更地にされてしまうと負けが近づいてきます。だいたいイーブルフライ・エビルチクリン・リトルライバーンらが出せる4Tに一度マウンティングできるタイミングがありますので、そこからはアブザンアグロの如く一度取ったマウントを絶対に返さないことだけを考えましょう。突破されないことが大事なので必要ならスカラやテンションスキルもバンバン撃ちましょう。

 

このドラクエライバルズというゲーム、重いレジェンドがめちゃくちゃ強いんで、ある程度遅めのゲームを見るデッキにはりゅうおうグラコスゾーマあたりが入れ得状態なんですよね。

 

f:id:Inari9th:20171109204231p:plainf:id:Inari9th:20171109204252p:plainf:id:Inari9th:20171109204228j:plain

▲こうして並べてみるとテキストが意味わかんねぇな…

 

これらが入れ得状態になっているのは昨今のデジタルカードゲームの例にもれず除去が弱いからです。ゆえに、正体を現した竜王ゾーマを1枚で「攻撃力を0にすることで」無力化できるアンルシアも同じく入れ得レジェンドに位置しています。しかし!このデッキはHPを参照するイーブルフライおよびエビルトレントのおかげで多くのデッキに適当に入っているアンルシアに対して耐性を持っているのです!これは凄い事ですよ。これで拾えるゲームが沢山あります。マジで。

 

f:id:Inari9th:20171109204258p:plainf:id:Inari9th:20171109204757p:plain

▲完璧な対策カードである

 

除去が弱い、というのは比較的強い方であるはずのククールですら同じです。確定除去の「ザキ」は5コストですし、縦一列を即死させるザラキも驚きの7コストです。ザラキケアくらいは相手もしてくるので一番強いモンスターを上から3匹を除去れた!なんて事はほぼありません。概ね一番強いモンスターと小物一匹殺せました程度の戦果でしょう。なら同じMPを使って竜王やベリアル出してる方が強いですよね。特にベリアルは1枚でアグロを詰ませられるくらいのカードなのですから。

 

グランドクロスは必殺技ですから性能が良いのは当たり前で、自分も強いと思ってはいたのですが、その上でこのデッキはグランドクロスを撃つよりも全体3点回復のテンションスキルを使っている方が勝ちに近付けるので不採用です。5点ダメージは大きいんですけどね…。

 

現実的な除去はザキとホーリーライトですね。この辺りはまだ入れてもいいんじゃないかレベルのカードなのですが、このデッキはまともに動ければHP4程度は容易に一方取れたりするので無しです。ザキだけは魔王どもを殺す役割を持てるのでアリですが現状アンルシアで十分かつ二枚もこういうカードを入れたくないのでこちらも少し試して抜きました。

除去に関しては環境が変わってきたらまた評価が変わる可能性がありますので、今のところの評価ですが。

 

他に試したカードはじんめんじゅももんじゃオークキング、プリーストナイト、ベホイミベホマ辺りですかね。じんめんじゅももんじゃは結構アリな気がしたのですが、メガザルロックとの相互作用が強くリトルライバーンの誘発も増やせるボーンバット、アド取りの翁どんぐりベビー、残りさえすれば大量のライフを稼いでくれるピンクモーモンの3種類があまりにも強すぎたのでダメでした。オークキングとプリーストナイトも同じく4マナ域が強すぎて勝てませんね。

ベホマは重すぎ。ベホイミだけは好みで入れていい程度のカードではあると思ってます。枠がなかったので外れましたが。

 

なんか凄い否定するオタクみたいになっちゃいましたけど、使用・調整の感想としてはこんな感じでした。なにかの参考になれば幸いです。

使っていてかなり強いデッキだと感じたので、皆さんもぜひ使ってみてください。